無料カウンター
スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ユーザー車検のやり方について
カテゴリ: バイク全般 / テーマ: メンテナンス&ケア / ジャンル: 車・バイク
来月、ユーザー車検だった・・・なぜ、「だった」というか・・・
それは、勘違いしてて、てっきり来年の12月だと思ってた!
あっぶねぇー。幸い、友達とツーリングしている時に指摘されて気づいた。

さて、バイクの車検だがバイク屋に頼む事がほとんどようだ。
だが、バイクの車検は(バイクの改造度合いにもよるが)非常に簡単なので、ユーザー車検をおすすめしたい。

まず、言っておくと、同じ改造でも車検に通る通らないは『車検場と車検員に依存する時がたまにある!』ということ。
そこを通せるのがバイク屋で通せないのがユーザー車検なのか~~~もしれない・・・

だが車検でのポイントさえ抑えれば、非常に簡単だ。

<チェックされるポイント>
・ウインカーの色と点灯するかしないか
・ヘッドライトの光力と角度
・テールランプの色と点灯するかしないか
・へんな鉄のステッキでコンコンといろんな箇所を叩かれて、ボルトが緩んだ音がしないか
・マフラー音
・スピードメーター(もしかしたら、チェックしないところもあるかも?)
・ブレーキ
・タイヤの減り具合(見ないときもある)
など、安全な法規走行を行うにあたり、必要な部品類がチェックされる。
電装系と足回りがしっかりしていればよいだけなのだ。

だがユーザー車検での一番の器具は『改造部品が通るのか?』というところだろう。
改造部品自体で通らない部品は知ってる限りでは次の通り。
<通らない部品>
・ガーターフォーク
・スラッシュカットのマフラー(通るところと通らないところがある)
・直間マフラー(音でアウト)
・4インチのヘッドライト
・黄色や白のウインカー(オレンジじゃないと駄目。これはまず通らないと思って)
・ステアリングダンパー(通らないと噂)

忘れてはならないのは、『改造部品事態はOKだが、改造部品による効果で車検に通らない』というもの。
例えば、
・フロントフォークが長すぎるために、ヘッドライトの光力と角度が不十分
といった具合だ。この手の副産物が多いだろう。

<車検手順>
手順は知らなくてもよい。なぜなら、車検場の方が親切に教えてくれるから。
もちろん、構造変更も。僕のバイクは構造変更したが、何をどうするのか全然知らない。
車検場のスタッフの方が「ここにはんこ押してくれればいいから」と、はんこ押すだけだった。
書類は全部作ってくれた。
女性ユーザーならさらに親切に対応してくれるはず。

<車検場について>
車検場によって厳しい、厳しくないがあるのは事実。
江東区の方の車検場はとても厳しいとの話だ。
インチキ技としては、一時的に住民票を車検のハードルの低い地域に移しそこの車検場に
行くというもの。結構面倒なのであまりおすすめはしない。
尚、ほとんどの車検場があらかじめ電話予約しないといけないと思われる。

<バイク屋に車検を依頼する>
くれぐれも信頼できるバイク屋にお願いすべきだ。
レッドバロンあたりだと、不要な部品まで交換させられる。
前述したとおり、車検でチェックされる箇所は意外と少ない。オイル交換やブレーキパッドの交換などを
言われたらぼられてると思ってよい。
車検員がブレーキパッドを見てるところなど10年以上ユーザー車検してるが一度も見たことない。
ただ、ふだんあまりメンテナンスしていない人は、バイク屋にお願いすべきかも。


スポンサーサイト
編集 / 2006.11.14 / コメント: 0 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

りょんすけ

Author:りょんすけ
バイクとPC、旅行情報タレコミ野郎!

最近のコメント
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。